コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帳面 チョウヅラ

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐づら〔チヤウ‐〕【帳面】

簿に記載してある事柄。表向きの計算。ちょうめんづら。「帳面を合わせる」

ちょう‐めん〔チヤウ‐〕【帳面】

ものを書くために紙をとじて作った冊子ノート。また、広く帳簿のこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうづら【帳面】

帳簿に記載された限りでの収支の状態。帳面づら。帳簿づら。 「 -を合わせる」

ちょうめん【帳面】

ものを書くために、何枚かの紙を綴じ合わせたもの。白紙のままのもの、線を引いたものなど、用途に応じて種々ある。ノート。
帳簿。収支帳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の帳面の言及

【ノート】より

…江戸時代,寺子屋では手習草紙と称して,半紙を綴じたものに手習いの練習をしていた。1887年(明治20)ころには,鉛筆で記入する雑記帳または帳面と呼ばれた和紙(更紙)製のものが小学生の学習用に用いられた。大学ノートは,1884年に東京大学前の松屋が販売したものが最初といわれる。…

※「帳面」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

帳面の関連キーワードスクラップブックノートブックスコアブック手習い草紙押切り帳切抜き帳判取り帳小切手帳備忘録筆記帳雑記帳朱印帳カイエ手日記注文帳奉加帳覚え帳ブック金蘭簿勧化帳

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

帳面の関連情報