手沢本(読み)シュタクボン

デジタル大辞泉の解説

しゅたく‐ぼん【手沢本】

故人愛用の書。遺愛の書物。
ある人が書き入れなどして大切にしている本。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅたくぼん【手沢本】

先人が愛読した本。故人遺愛の書物。
書き入れのある本。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

手沢本

「しゅたくぼん」と読む.旧蔵者が身近に置き,手に取り,愛読した本.旧蔵者が書き入れを行った本.手沢は手あかや手の脂で付いたつやを意味する.旧蔵本とほぼ同義

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅたく‐ぼん【手沢本】

〘名〙
① 前人が生前愛読した書物。故人遺愛の書物。
※随筆・蘐園雑話(1751‐72頃)「訳筌示蒙は分けずにとぢ、示蒙の方は先にある由。手沢本訳筌は板刻の本同じことなり」
② ある人の書き入れなどがある書物。
※読書放浪(1933)〈内田魯庵〉東西愛書趣味の比較「(10)先賢手沢本 a蔵印識語あるもの b書入本」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android