手沢本(読み)シュタクボン

デジタル大辞泉の解説

しゅたく‐ぼん【手沢本】

故人愛用の書。遺愛の書物。
ある人が書き入れなどして大切にしている本。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅたくぼん【手沢本】

先人が愛読した本。故人遺愛の書物。
書き入れのある本。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

手沢本

「しゅたくぼん」と読む.旧蔵者が身近に置き,手に取り,愛読した本.旧蔵者が書き入れを行った本.手沢は手あかや手の脂で付いたつやを意味する.旧蔵本とほぼ同義

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android