コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手沢本 シュタクボン

デジタル大辞泉の解説

しゅたく‐ぼん【手沢本】

故人愛用の書。遺愛の書物。
ある人が書き入れなどして大切にしている本。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅたくぼん【手沢本】

先人が愛読した本。故人遺愛の書物。
書き入れのある本。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

図書館情報学用語辞典の解説

手沢本

「しゅたくぼん」と読む.旧蔵者が身近に置き,手に取り,愛読した本.旧蔵者が書き入れを行った本.手沢は手あかや手の脂で付いたつやを意味する.旧蔵本とほぼ同義

出典|図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について | 情報

手沢本の関連キーワード今井似閑掌中歴遺愛釈奠先人書物

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android