コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手沢 シュタク

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐たく【手沢】

長く使っている間に、手のあぶらがついて自然に出たつや。転じて、故人が身近において愛用したもの。
手沢本」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅたく【手沢】

手あかで出たつや。転じて、身近に置いて愛用した物。 「父祖の-を存じてゐる書籍が少くなかつただらうが/渋江抽斎 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

手沢の関連キーワード卓・宅・度・托・択・拓・擇・柝・沢・澤・琢・磔・託・謫・鐸小西 増太郎大崎(市)徳川家康大崎義直岩出山城今井似閑掌中歴随想録釈奠寒檠

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android