コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手沢 シュタク

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐たく【手沢】

長く使っている間に、手のあぶらがついて自然に出たつや。転じて、故人が身近において愛用したもの。
手沢本」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅたく【手沢】

手あかで出たつや。転じて、身近に置いて愛用した物。 「父祖の-を存じてゐる書籍が少くなかつただらうが/渋江抽斎 鷗外

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

手沢の関連情報