手火(読み)タヒ

デジタル大辞泉の解説

た‐ひ【手火】

手に持って道などを照らす火。たいまつ
「神の皇子(みこ)の出(い)でましの―の光そここだ照りたる」〈・二三〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

た‐ひ【手火】

〘名〙 に持つ、照明用の火。たいまつの類。
※書紀(720)神代上「陰(ひそか)に湯津爪櫛(ゆつつまぐし)を取りて、其の雄柱を牽き折(か)きて秉炬(タヒ)として」
※石山寺本金剛般若経集験記平安初期点(850頃)「初に鬼火を見れば、数十里の間なり。或は十炬(タヒ)、二十炬なり」

て‐び【手火】

〘名〙 松明(たいまつ)のこと。〔和英語林集成(初版)(1867)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手火の関連情報