コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松明 たいまつ

7件 の用語解説(松明の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松明
たいまつ

マツのやにの多い部分をタケやカヤ,枯れ草などと束ね,その先端に点火して照明に用いたもの。起源は古く,『日本書紀』にイザナギノミコトが湯津爪櫛 (ゆつのつまぐし) の雄柱を折って秉炬 (たび) としたことが記されており,『万葉集』には志貴皇子の葬儀に人々が手火 (たび) を持って葬送したことが詠まれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょう‐めい【松明】

たいまつ」に同じ。

たい‐まつ【松明/×炬】

《「たきまつ(焚松)」の音変化か》松の樹脂の多い部分を細かく割り、束ねたもの。火をつけて照明に用いた。のち、竹やアシなども用いるようになった。打ち松。続松(ついまつ)。継(つ)ぎ松。松火。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

松明【たいまつ】

枯れて脂(やに)の多いマツを束ねた携行用灯火。《和漢三才図会》には,細いタケを心にマツ,クヌギ,スギなどを細く割って作り,もとを鉄の帯で巻くとあり,約1mで1時間もつという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

しょうめい【松明】

たいまつ(松明) 」に同じ。

たいまつ【松明】

〔「焚松たきまつ」の転〕
松や竹の割り木、または枯れ草などを束ね、これに火をつけ照明とするもの。ついまつ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松明
たいまつ

灯火の一種。タケ、マツなどの割り木を手ごろな太さに束ね、その先端に点火し、手に持って照明としたもの。ほかにカヤ、アシ、苧殻(おがら)、枯れ葉なども資材とした。古くは、手に持つ灯火を「秉炬」「手火」と書いてタビと読み、いまもこれをタイといっている地方がある。のちに「炬火」「焚松」「松明」などと書いてタイマツとよぶようになった。今日、タイマツと読まれている松明の語は、本来は、脂(やに)の多い松材の意で、続松(ついまつ)、肥松(こえまつ)のこと。松明には、手に持つもののほか、柱松明(たちあかし)といって、儀式などの際に地面に植えて庭上を照明するもの、投松明(なげたいまつ)といって、夜討ちに際して敵陣に投げ込むもの、車(くるま)松明といって、松明を十文字に組み合わせ、その中央を束ね、三方の先端に火をつけ、敵中に投じて照明とするものなど、いろいろのものがあった。ほかに松明の占手(うらて)といって、松明の燃えぐあいで、その日の夜討ちの運勢を占うことなども行われた。また、民間の習俗としても、清めのために嫁の尻(しり)を藁(わら)松明でたたくことや、投げた松明が消える、消えないで吉凶を占う松明占(うら)などが行われていた。このように松明は、戸外で用いる灯火として、宮廷・武家の儀式、軍陣、葬送などをはじめ、広く民間でも行われてきたが、今日では、大松明に火をかける松明祭の神事や、社寺の祭礼、芸能の場で、わずかに使用されているにすぎない。[宮本瑞夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の松明の言及

【たいまつ(松明)】より

…平安時代の物語などにみえる〈ついまつ(続松)〉はこの松脂ろうそくのことと思われ,〈たいまつ〉は主として屋外用に,〈ついまつ〉は屋内用に併用されていたようである。中国では古くたいまつの材料には葦が使われることが多かったようで,《正字通》に〈滇人(てんじん)(滇は雲南省)松心をもって炬(きよ)となし,号して松明という〉とあり,《燕間録》に〈深山老松の心,油あること蠟(ろう)のごとし。山西人多くもって燭に代え,これを松明という〉とあるなど,松を灯火に用いるのは異民族の風習として珍しがられた。…

※「松明」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

松明の関連キーワード肥松かやかや枯れ草枯れ草色竹藪何やかや脂こいマツザカヤカード竹谷たいまつ(松明)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松明の関連情報