コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手股(読み)タナマタ

デジタル大辞泉の解説

た‐な‐また【手股】

指と指との間。
「御刀(みはかし)の手上(たがみ)に集まれる血、―より漏(く)き出でて」〈・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる