コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手蓋 テガイ

大辞林 第三版の解説

てがい【手蓋】

武具の籠手こての異名。 「一の刀には-をつき/平家 六・長門本

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の手蓋の言及

【籠手(小手)】より

…また先端の手首より先の手甲を覆う部分を手覆(ておおい)という。籠手は古くは手纏(たまき),室町時代には手蓋(てがい)ともいった。古墳時代から用いられ,時代とともにより精巧に,機能的になった。…

※「手蓋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

手蓋の関連キーワード籠手・小手・篭手籠手(小手)こて籠手

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android