打乗(読み)うちのす

精選版 日本国語大辞典の解説

うち‐の・す【打乗】

〘他サ下二〙 (「うち」は接頭語) 乗り物などに乗せる。ひょいと乗っける。
大和(947‐957頃)一五四「馬にうちのせて逃げていにけり」

うち‐の・る【打乗】

〘自ラ四〙 (「うち」は接頭語) 乗り物などに乗る。
※堤中納言(11C中‐13C頃)はいずみ「童(わらは)も泣く泣く馬にうちのりて、ほどもなく来つきぬ」
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)七「爰より下り船に打のりて」

ぶち‐の・る【打乗】

〘自ラ四〙 (「ぶち」は接頭語) 上に勢いよく乗っかる。
※浄瑠璃・四天王女大力手捕軍(1678)四「馬引よせふちのって、三千よきのむらがる中にうって入」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android