打刻(読み)ダコク

デジタル大辞泉の解説

だ‐こく【打刻】

[名](スル)
金属など硬いものに文字や数字を打ち記すこと。「観光地の記念メダルに名前を打刻する」
タイムレコーダーなどで時刻を打ち記すこと。「出社時間を打刻する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だこく【打刻】

( 名 ) スル
(硬いものに)数字や文字を打ち記すこと。 「製造年月を-する」
タイム-レコーダーなどで時刻を打ち記すこと。 「九時ちょうどに-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

打刻の関連情報