打(ち)札(読み)ウチフダ

デジタル大辞泉の解説

うち‐ふだ【打(ち)札】

花札などで、手の内から出す札。
立て札。高札(たかふだ)。
「彼の寺に参り給ひたりけるに、書き置き給へる―あり」〈盛衰記・三九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

うち‐ふだ【打札】

〘名〙
① 立て札。高札(たかふだ)
※高野山文書‐建保二年(1214)二月二日・名手庄庄官等言上書案「殊下給候打札、入丹生宮神宝箱置之
手の内から出す札。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報