コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打魚殺家 だぎょさっかDa-yu-sha-jia

1件 の用語解説(打魚殺家の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

打魚殺家
だぎょさっか
Da-yu-sha-jia

京劇の曲名。別名『慶頂珠』『討魚税』。作者未詳。『水滸伝』の一部を「打魚」「討税」「打漁」「殺家」の4段に脚色した京劇の名作。悪官僚と結託して人民を搾取する土豪への反抗という解釈から新中国でも上演される。あらすじは,かつて侠客であった豪傑蕭恩 (しょうおん) は娘柱英とともに漁をして生活していたが,悪官僚と結んだ土豪から私設の漁税を取立てられる。理不尽な漁税について役所に訴え出たが逆に笞刑にあう。理不尽な役人の行為に怒った蕭恩は柱英を伴い土豪の家に行き,一家を皆殺しにする。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone