コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

払菻 ふつりん

2件 の用語解説(払菻の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ふつりん【払菻】

中国で、南北朝から初唐にかけてビザンツ帝国を呼んだ語。 → 大秦たいしん

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふつりん【払菻 Fú lǐn】

南北朝から唐代にかけての中国人がシリアパレスティナなどのローマ帝国東方領,あるいはビザンティン帝国の首都コンスタンティノープルを呼んだ名称。イラン語ローマを示すフロームFrōmあるいはアルタイ諸語系のプルムPurumの類の漢字音訳であろう。〈普嵐〉〈伏盧尼〉〈払懍〉などの字でも表現される。後には類似の音をもつ西方の地名,例えば北アフガニスタンのフルムKhulmやファラングFarang(ヨーロッパ)などを示すのにも用いられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

払菻の関連キーワード性理学太平寰宇記備中物青江物耳坏石獣唐画富樫震災後の出国田中定清

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone