コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

投機抑制 とうきよくせいspeculation control

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

投機抑制
とうきよくせい
speculation control

価格変動を見越して差益を得るために行なう売買を投機というが,行き過ぎた投機は経済を不安定にさせるとして,抑制措置が講じられること。生活物資についての買い占め・売り惜しみの防止,土地取引についての届け出制,株式先物取引についての証拠金率規制などはその例である。逆に,投機が経済を安定させるという考え方もあるが,それは,もし価格上昇が生じる場合は投機によって早めに価格上昇が生じたほうが経済全体の適応を早くさせ,また予想が誤りならば,投機者が損失を被るだけである,という理由による。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

投機抑制の関連キーワード土地譲渡所得税総量規制米穀法

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android