コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

投資保護協定 とうしほごきょうてい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

投資保護協定
とうしほごきょうてい

一定の金額の投資に対して,現地政府がさまざまな保障・保護をする協定。海外に企業が直接投資を行う際に,常に問題となるのがカントリー・リスクである。とりわけ,政情が安定しない国への投資はリスクが高い。しかし,現地政府としては,政権安定化のためには海外からの投資を受入れて経済発展を行わなければならない。このディレンマを解決するために,こうした協定を現地政府と企業との間でかわし,海外からの直接投資への誘い水とする。発展途上国の場合が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とうしほご‐きょうてい〔‐ケフテイ〕【投資保護協定】

保護協定

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

投資保護協定の関連情報