抖擻行脚(読み)とそうあんぎゃ

精選版 日本国語大辞典の解説

とそう‐あんぎゃ【抖擻行脚】

〘名〙 難行苦行を積む目的で乞食行脚をすること。
※歌謡・松の葉(1703)四・寛濶一休「一物もなき仮の世に、とそうあんぎゃとおもひ立ち」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる