コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一物 イチブツ

デジタル大辞泉の解説

いち‐ぶつ【一物】

一つのもの。また、同じもの。

いち‐もつ【一物】

一つの品物。また、ほんの少しのもの。
心中に秘めたたくらみや、わだかまり。「胸に一物がある」
金銭のこと。
男根のこと。

ひと‐もの【一物】

[副]いっぱい。一面に。
「内供が顔にも、童の顔にも、粥(かゆ)とばしりて―かかりぬ」〈宇治拾遺・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちぶつ【一物】

一つの物。

いちもつ【一物】

一つの物。わずかの物。
露骨に口に出すことがはばかられる時、代わりに使う語。 「腹に-(=タクラミ)ある男」 「かの-(=金品)をとりこみける/黄表紙・高慢斎行脚日記」
「陰茎」をいう隠語。

ひともの【一物】

( 副 )
いっぱい。たくさん。一面に。 「大きなる壺のありけるに、水を-入れて/今昔 28

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一物の関連キーワードビタミン発見への道のりマクロビオティックヒアルロニダーゼ一物一価の法則オンジ(音地)パレート最適性公示の原則オロット酸両端を叩く内外価格差大辻 司郎ずっしり晏子春秋交野少将山田耕筰大江以言格物致知裁定取引惟宗允亮胸に一物

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一物の関連情報