抗甲状腺物質

栄養・生化学辞典の解説

抗甲状腺物質

 甲状腺機能を阻害する物質で諸種のタイプがある.抗甲状腺薬として使われるチオカルバミド系の化合物.イミダゾール化合物のほか,チオシアンイオンなど.マスタードオイルや天然の配糖体のある種のものも,体内でチオシアンイオンを生成するので,抗甲状腺物質である.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android