抗甲状腺物質

栄養・生化学辞典の解説

抗甲状腺物質

 甲状腺機能を阻害する物質で諸種のタイプがある.抗甲状腺薬として使われるチオカルバミド系の化合物.イミダゾール化合物のほか,チオシアンイオンなど.マスタードオイルや天然の配糖体のある種のものも,体内でチオシアンイオンを生成するので,抗甲状腺物質である.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android