コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

配糖体 はいとうたい glycoside

翻訳|glycoside

6件 の用語解説(配糖体の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

配糖体
はいとうたい
glycoside

広く植物界に分布する成分で,酸や酵素グリコシダーゼによって,糖と非糖部 (アグリコンあるいはゲニン) に分れる。糖と非糖部とはアセタール結合もしくはチオグリコシド結合によってつながっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はいとう‐たい〔ハイタウ‐〕【配糖体】

糖類と、アルコールフェノールなどの水酸基をもつ有機化合物とが結合した化合物。生物、特に植物体に広く存在し、サポニン・ジキタリスなどがあり、糖がグルコースのときはグリコシドといい、最も多く存在。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

配糖体【はいとうたい】

グリコシドとも。糖とさまざまな種類の非糖成分(アグリコン)が結合した有機化合物。生物界に広く分布し,植物色素であるアントシアニンやフラボン類,カラシナ類の辛味の主成分であるからし油配糖体,さらにサポニン,糖脂質,ヌクレオシド,ある種の抗生物質なども含まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

配糖体

 グリコシドともいう.炭水化物ヘミアセタールヒドロキシル基に糖以外の化含物がエーテル結合したものの総称.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はいとうたい【配糖体】

糖の水酸基が炭化水素やアルコールなどの非糖質化合物と結合(グリコシド結合)してできる化合物の総称。生体成分として広く存在し、植物の医薬効果、花の色などのもとになると考えられている。グリコシド。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

配糖体
はいとうたい

広義の配糖体はグリコシドglycosideと同義で、糖の還元基と糖または糖以外の化合物のヒドロキシ基、あるいはまれにアミノ基チオール基とが脱水縮合してできた物質の総称である。そのうち、糖と糖とが縮合したものをホロシドholosideといい、少糖類や多糖類が含まれ、糖と糖以外の成分(アグリコンという)からなるものをヘテロシドheterosideとよぶ。狭義のいわゆる配糖体はこのヘテロシドだけをさす。なお、糖とアグリコンの一般的な結合様式は酸素原子を挟んで結合したO-グリコシドであるが、なかには硫黄(いおう)原子、窒素原子、炭素原子を挟んで結合したものもあり、それぞれS-グリコシド、N-グリコシド、C-グリコシドとよばれる。
 配糖体は生物界に広く存在し、とくに植物はすべて配糖体を含むといわれるほどである。酸または酵素グルコシダーゼによって加水分解され、糖とアグリコンになる。糖成分としてはグルコース、ガラクトース、マンノース、フルクトースなどがよくみいだされるが、ウロン酸、二糖類、三糖類などもある。アグリコンはさらに多種多様であり、有機化学の全分野にわたっている。したがって、性質もさまざまである。なお、配糖体の名称はアグリコンの名称の次に、糖の名称の語尾をオシド-osideとしたものをつけて示す。たとえば、メチルグルコシド、フェニルガラクトシドなどとよぶ。
 還元基の不斉炭素原子によってα(アルファ)-およびβ(ベータ)-の立体異性体があり、天然にはβ型が多く、水溶液は左旋性のものが多い。普通、結晶性物質で、一般に水、エタノール(エチルアルコール)、メタノール(メチルアルコール)に溶けるが、エーテル、ベンゼン、クロロホルムには難溶である。性質がさまざまで抽出方法も一様ではないが、普通は水またはアルコールで抽出し、酢酸鉛で処理したのち、シリカゲルなどのカラム分配クロマトグラフィーで精製する。アグリコンの種類によって、アルコール、フェニル、クマリン、フラボンおよびその関連化合物の配糖体、芳香族炭化水素のアンスラセン配糖体、青酸(シアン化水素酸)配糖体、からし油配糖体、サポニン、強心配糖体、アミノ配糖体群およびマクロライド群抗生物質などに分類できる。フラボン関連化合物配糖体には植物色素アントシアン、アンスラセン配糖体には植物色素アリザリン、青酸配糖体には未熟なウメの実中のアミグダリン、からし油配糖体にはカラシナなどに含まれるシニグリンがある。また、ジギタリスの強心配糖体は医療上重要である。アミノ配糖体群抗生物質にはストレプトマイシンやカナマイシン、マクロライド群抗生物質にはエリスロマイシンがある。このほか、窒素配糖体として核酸の構成成分であるプリンおよびピリミジンヌクレオシド、補酵素、ビタミンB12など生理的に重要な物質がある。配糖体の存在理由についての定説はないが、生理的意義は多様である。[飯島道子]
『上田泰編『アミノ配糖体薬』(1985・南江堂) ▽大岳望著『新化学ライブラリー 生合成の化学』(1986・大日本図書) ▽阿部昭吉著『科学パソコンシリーズ8 分子デザイン』(1989・サイエンスハウス) ▽伏谷伸宏・広田洋他著『天然有機化合物の構造解析――機器分析による構造決定法』(1994・シュプリンガー・フェアラーク東京) ▽新家龍他編『糖質の科学』(1996・朝倉書店) ▽岡田茂孝・北畑寿美雄監修、中野博文・橋本博之・栗木隆編著『工業用糖質酵素ハンドブック』(1999・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の配糖体の言及

【薬用植物】より

…このうち洋薬とは古代からヨーロッパで使われてきたものに,16世紀以降,新大陸,アフリカおよび東南アジア地域で利用されていたものが移入されて,その薬効成分が研究され,強い生理作用をもつ生薬が加えられたものである。強い生理作用をもつ生薬の多くはアルカロイドか強心配糖体を含んでいる。
[薬効]
 薬用植物には治療に使うものと,健康保持などの予防に使うものがあるが,それらの種類および使用量ならびに頻度は圧倒的に後者にかたよっている。…

※「配糖体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

配糖体の関連キーワードグリコシダーゼグリコシドグルコシドヌクレオシド米味噌品品アミノグリコシド系抗生物質グルコセレブロシドテルペングリコシドFinancial Aid

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

配糖体の関連情報