コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抗腫瘍性サイトカイン こうしゅようせいサイトカイン antitumor cytokine

1件 の用語解説(抗腫瘍性サイトカインの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

抗腫瘍性サイトカイン
こうしゅようせいサイトカイン
antitumor cytokine

リンパ球などの免疫担当細胞によって産生され,マクロファージTリンパ球NK細胞の抗腫瘍作用を高めるだけでなく,生体のさまざまな反応にもかかわっている物質の総称。中でもインターフェロン (IFN) ,インターロイキン2 (IL-2) ,腫瘍壊死因子 (TNF) の3つは生物学的な反応修飾物質としてよく使われている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

抗腫瘍性サイトカインの関連キーワードT細胞インターロイキン免疫不全免疫細胞Bリンパ球免疫担当細胞ペプチドワクチン記憶細胞胸腺細胞免疫抗体

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone