コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腫瘍壊死因子 しゅようえしいんし tumor necrosis factor

翻訳|tumor necrosis factor

3件 の用語解説(腫瘍壊死因子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

腫瘍壊死因子
しゅようえしいんし
tumor necrosis factor

1975年にアメリカで見つかった抗癌性のホルモン免疫担当細胞マクロファージが生産する。当初,癌細胞に対する殺細胞効果が最も強力であり,正常細胞には全く影響を及ぼさないと見られたことから,「奇跡の抗癌剤」の異名をとった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

腫瘍壊死因子

 TNFと略される.αとβがあり,いずれもタンパク質で,サイトカイングループに属し,固形がんを壊死に導いたり,アポトーシスに導く活性を有する.近年脂肪組織が合成・分泌するTNF-αが注目されている.肥満者でTNF-α遺伝子発現が上昇しインスリンレセプター基質-1(IRS-1)のセリンリン酸化を上昇させ,インスリンレセプターキナーゼ活性を抑制して,インスリン抵抗性をもたらすとされている.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しゅようえしいんし【腫瘍壊死因子】

リンパ球などの細胞から分泌される、腫瘍細胞を壊死させる物質。ほとんどの悪性細胞に作用するほか、免疫作用を促進。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

腫瘍壊死因子の関連キーワード有理数諸井 誠:ピアノのための 《αとβ》/piano soloTNF-αgymnasiumExaminationIncompleteInternational Student OrganizationLaboratory CourseUndergraduateUndergraduate Student

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

腫瘍壊死因子の関連情報