コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抱え扇 カカエオウギ

デジタル大辞泉の解説

かかえ‐おうぎ〔かかへあふぎ〕【抱え扇】

能の型の一。右手に開いたを持って左の二の腕に当て、斜め右上を見上げるもの。月を見たり、遠方をながめたりすることを表す。流派によって月の扇ともいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かかえおうぎ【抱え扇】

能で、扇を用いる形の一。右手に持った扇を左の肩へ上げ、体をやや左へ引くようにして右方を見渡す。月の扇。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

抱え扇の関連キーワード右方

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android