自前(読み)ジマエ

  • じまい
  • じまえ ‥まへ
  • じまえ〔まへ〕

デジタル大辞泉の解説

費用を自分で負担すること。自弁。自分持ち。「食費は自前だ」「自前の衣装」
職人・芸者などが独立して営業すること。「自前で稼ぐ」⇔抱(かか)え

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

自分の負担で物を調えたり、事をしたりすること。自分持ち。 -の衣装 交通費は-だ
職人・芸妓などが独立して営業すること。また、その職人や芸妓。 -になる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 =じまえ(自前)〔伊京集(室町)〕
※洒落本・禁現大福帳(1755)三「衣類手道具まで自前(ジマイ)の働」
〘名〙
① 自分に関するものの費用を自分でまかなうこと。自弁。自分持ち。また、自分の金で手に入れた物。じまい。
※洒落本・粋好伝夢枕(1829)「しゃうしゃう寒さもいとわず自まへの衣裳をひろげたて」
② 職人などが独立して営業すること。独立。じまい。
※咄本・軽口露がはなし(1691)四「そちは此季より自前(ジマヘ)に宿を持たるよし」
③ 遊女や芸者が独立して営業すること。また、その者。じまい。⇔かかえ
※洒落本・古契三娼(1787)「地(ヂ)めへの子どもは、十二もんめの中を茶屋へ六もんめとられ」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉四「数寄屋町へ自前(ジマヘ)で再勤のひろめをなし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自前の関連情報