自前(読み)じまえ

精選版 日本国語大辞典「自前」の解説

じ‐まえ ‥まへ【自前】

〘名〙
① 自分に関するものの費用を自分でまかなうこと。自弁自分持ち。また、自分の金で手に入れた物。じまい。
洒落本・粋好伝夢枕(1829)「しゃうしゃう寒さもいとわず自まへの衣裳をひろげたて」
② 職人などが独立して営業すること。独立。じまい。
※咄本・軽口露がはなし(1691)四「そちは此季より自前(ジマヘ)に宿を持たるよし」
③ 遊女や芸者が独立して営業すること。また、その者。じまい。⇔かかえ
※洒落本・古契三娼(1787)「地(ヂ)めへの子どもは、十二もんめの中を茶屋へ六もんめとられ」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉四「数寄屋町へ自前(ジマヘ)で再勤のひろめをなし」

じ‐まい【自前】

〘名〙 =じまえ(自前)〔伊京集(室町)〕
※洒落本・禁現大福帳(1755)三「衣類手道具まで自前(ジマイ)の働」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android