コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抵抗性 テイコウセイ

大辞林 第三版の解説

ていこうせい【抵抗性】

生体が、自己にとって有害な状況(例えば、病因となる環境、薬剤の作用、微生物の侵入、異種細胞や組織の移植など)から自己を守ろうとする性質。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の抵抗性の言及

【耐性】より

…抵抗性ともいう。生物が病気,害虫,薬剤,高温・低温,乾燥のような不利な環境条件などに対して対抗しうる性質。…

※「抵抗性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

抵抗性の関連キーワード低カルシウム血性ビタミンD抵抗くる病バンコマイシン耐性腸球菌グルココルチコイド抵抗ノートン‐サイモン仮説フライアッシュセメントグルココルチコイド耐性褐斑病(ブロムグラス)コシヒカリとBL米マイコバクテリウム宿主抵抗性誘導剤パメラ ロナルドプロベナゾールコシヒカリBL重粒子線癌治療高炉セメント好中球減少症耐性ウイルスシトレンジ薬剤耐性菌レジスチン

抵抗性の関連情報