コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

押し出し おしだし

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

押し出し

3Dグラフィックのモデリング技法のひとつ。掃引とも言う。平面に描かれた図形を3次元空間内の一定方向に移動して立体化する。主に図形に厚みを付ける場合に用いられる。Bevel機能を使うと側面の形状を変化させることができる。ソフトによっては、スライドと呼ばれる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

押し出し
おしだし

相撲の決まり手の一つ。もろ手,あるいは片手で,相手の胸などを押して押したて,相手が土俵ぎわでこらえるすきを与えず,そのまま土俵外へ出す。のど輪,ハズはもちろん,まわしを取っていても,あるいは一方が浅くのぞいていても,押っつけていても,押す格好になっていて両力士の体が離れていれば,押し出し。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

押し出しの関連キーワードフィンガーティップユニット魚素麺・魚素麵・魚素麪シュテムクリスチャニアフリージア・マクロス銅アンモニアレーヨンアンギュレーション押出しコーティングプラスチック成形機ディキシー・チキンビスコースレーヨンシャッフルボードシャープペンシルビーフン(米粉)押し相撲・押相撲染物(筒書き)アンフォルメル共押出し成形法ウェーデルン野村 清一郎シュブング

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

押し出しの関連情報