拈弄・念籠・念弄(読み)ねんろう

精選版 日本国語大辞典の解説

ねん‐ろう【拈弄・念籠・念弄】

〘名〙 禅宗で、古賢の語を解釈、批判すること。対象を自分のものにして自在に扱うこと。転じて、心をこめて工夫すること。思いをこらすこと。
※花鏡(1424)奥段「なほなほ上る重曲を知らんがために今の初心を忘れじとねんろうすべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android