初心(読み)しょしん

精選版 日本国語大辞典「初心」の解説

しょ‐しん【初心】

〘名〙
① 初めに思いたった心。最初の決心。初一念。素志。初志
※本朝文粋(1060頃)一三・為左大臣供養浄妙寺願文〈大江匡衡〉「自長保六年三月一日、結華構初心
※不如帰(1898‐99)〈徳富蘆花〉中「が為めに翻(かへ)って子は初心(ショシン)を破らじと窃かに心に帯せるなり」
② (「しょほっしん(初発心)」の略) 初めて悟りを求める心を起こすこと。仏道にはいったばかりのこと。また、その人。〔法華義疏(7C前)〕
※正法眼蔵随聞記(1235‐38)一「は初心未入(みにふ)の人意得(こころう)べからずとて」 〔僧護経〕
③ 学問・芸能の道にはいったばかりであること。また、その人。学び初め。ういまなび。初学。
無名抄(1211頃)「俊恵はこのころもただ初心のごとく哥を案じ侍り」
※風姿花伝(1400‐02頃)一「この比の花こそ、しょ心と申す比なるを」
④ (形動) 世なれていないこと。また、そのさま。未熟。うぶ。やぼ。
※宗及茶湯日記(他会記)‐永祿一二年(1569)一月九日「此壺一段こびては不見、又だうけたる心もなし、何ともなくよき壺なり、茶湯方に一入には不見候、初心なるこころはなし」
評判記難波物語(1655)「しゐてもとめて、につらなれども、初心なれば、何のもなくて」

うい‐ごころ うひ‥【初心】

〘名〙 世間ずれしていない、けがれのない心。うぶな気持
人情本・英対暖語(1838)二「へりに付たる紅絹の、㒵(かほ)にうつして赤らめながら、胸に浪打つ初心(ウヰゴコロ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「初心」の解説

しょ‐しん【初心】

[名・形動]
最初に思い立ったときの純真な気持ち。初志。「初心を貫く」「初心に返る」
物事の習い始めであること。また、そのさま。初学。
はがきに二句か三句認めあるは…—なる人の必ずする事なり」〈子規・墨汁一滴〉
物事に慣れていないこと。世慣れていないこと。また、そのさま。うぶ。
「かれは自分の—なことを女に見破られまいとして」〈花袋田舎教師
仏教で、初めて悟りを求める心を発すること。また、その人。
[類語]初志

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android