コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初心 ショシン

デジタル大辞泉の解説

しょ‐しん【初心】

[名・形動]
最初に思い立ったときの純真な気持ち。初志。「初心を貫く」「初心に返る」
物事の習い始めであること。また、そのさま。初学。
「はがきに二句か三句認めあるは…―なる人の必ずする事なり」〈子規・墨汁一滴〉
物事に慣れていないこと。世慣れていないこと。また、そのさま。うぶ。
「かれは自分の―なことを女に見破られまいとして」〈花袋田舎教師
仏教で、めて悟りを求める心を発すること。また、その人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょしん【初心】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
何かしようと決心したときの純粋な気持ち。 「 -にかえる」
学問・技芸などを習いはじめて間がないこと。初学。 「 -の人」
物事に慣れていないこと。世慣れないこと。 「 -なる女郎は脇からも赤面してゐられしに/浮世草子・一代男 7
[句項目] 初心忘るべからず

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

初心の関連キーワード初・初心・産・生聴覚障害者標識身体障害者標識初心者マーク好いたらしい大道寺友山武道初心集関山仙太夫ともすると若葉マーク宗尊親王川上宗薫貫き通す一生青春瀬川恒成春山士蘭唐衣橘洲のさのさ糸竹大全池西言水

初心の関連情報