コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拝借金 はいしゃくきん

大辞林 第三版の解説

はいしゃくきん【拝借金】

借りたお金。
江戸時代、幕府から諸大名・旗本・寺社などに対する貸付金。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の拝借金の言及

【貸付金】より

…貸付銀ともいい,正しくは御貸付金という。〈貸付金〉は利殖を目的としているが,幕府貸出金のうちには,このほか幕府が純粋に救済を目的として恩貸した〈拝借金〉と,不時の立替えを幕府が行う〈立替金〉とがあった。これら3種の貸出金はその目的からいって,貸付金は利付貸し,拝借金と立替金とは無利息貸しを原則とした。…

※「拝借金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

拝借金の関連キーワード御貸付金江戸時代御用金貸付金宿場寺社旗本幕府