横光利一(読み)よこみつ りいち

  • 1898―1947
  • よこみつとしかず
  • よこみつりいち
  • 横光利一 よこみつ-りいち

美術人名辞典の解説

小説家。福島生。早大中退菊池寛を知り、『文芸春秋創刊に際し同人となり、『日輪』『』を発表、新進作家として知られ、のちに川端康成らと『文芸時代』を創刊する。伝統的私小説とプロレタリア文学に対抗し、新しい感覚的表現を主張、〈新感覚派〉の代表的作家として活躍。昭和22年(1947)歿、49才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

小説家。福島県生れ。早大中退。菊池寛を知って,1923年《文芸春秋》同人となり《蠅》《日輪》で認められた。翌年川端康成らと《文芸時代》を創刊して新感覚派として活躍,《上海》を書いた。《機械》で新心理主義に移行し《紋章》などを発表。評論《純粋小説論》では純文学,通俗小説の一致を説き,大きな反響をよんだ。《家族会議》はその実践を試みている。晩年未完大作旅愁》がある。
→関連項目片岡鉄兵今東光福田恆存文芸時代森敦

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1898-1947 大正-昭和時代の小説家。
明治31年3月17日生まれ。大正13年川端康成らと「文芸時代」を創刊,新感覚派の旗手となる。のち心理主義に転じた。昭和10年純文学と通俗小説の融合をとなえた「純粋小説論」を発表。11年の渡欧をきっかけに長編「旅愁」にとりかかったが,昭和22年12月30日未完のまま死去。50歳。福島県出身。早大中退。本名は利一(としかず)。作品はほかに「日輪」「上海」「機械」など。
【格言など】純文学にして通俗小説,このこと以外に,文芸復興は絶対に有り得ない(「純粋小説論」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

1898‐1947(明治31‐昭和22)
小説家。福島県生れ。早大中退。《文章世界》などへの投稿,富ノ沢麟太郎,中山義秀らとの同人雑誌《街》《》を経て,菊池寛に認められ,〈日輪〉〈蠅〉を同時発表して1923年文壇に登場。この前後の作では〈悲しみの代価〉〈御身〉などが注目される。24年,川端康成,片岡鉄兵らと《文芸時代》を創刊。既成リアリズムに対して新しい表現を目指し,新感覚派の文学運動を展開。プロレタリア文学にも対抗した。28‐29年にはプロレタリア派の蔵原惟人らとの間で,文学の形式と内容に関して〈形式主義文学論争〉が交わされた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1898.3.17. 福島,東山温泉
[没]1947.12.30. 東京
小説家。 1916年早稲田大学予科に入学したが5年後に中退。『日輪』 (1923) ,『蠅』 (23) の巧みな構成と新鮮な文章表現で認められた。 24年菊池寛の周囲にいた新人作家中河与一,川端康成,今東光らと『文芸時代』を創刊して,いわゆる新感覚派運動の先頭に立ち,『上海 (シャンハイ) 』 (28~31) にその集大成を示した。以後,新心理主義に転じて『機械』 (30) を,さらに行動主義を指向して『紋章』 (34) を発表。私小説に反発した『純粋小説論』 (35) の実践として『家族会議』 (35) を書き,またヨーロッパ文化との対決を目指して未完の大作『旅愁』を書くなど,絶えず先駆的実験を重ね,時代思潮をリードした。最後の長編に「戦後」の感慨を綴った日記体の『夜の靴』 (47) がある。

横光利一」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小説家。1898年(明治31)3月17日福島県東山温泉に生まれる。ただし、本籍は大分県。土木請負業の父とともに各地を転々とし、母の郷里三重県伊賀(いが)で中学を終え、1916年(大正5)早稲田(わせだ)大学高等予科に入学。早大時代は、中山義秀(ぎしゅう)、佐藤一英(いちえい)、吉田一穂(いっすい)らと交友したが、学業に専念せず中退。1921年、富ノ沢麟太郎(りんたろう)、藤森淳三(じゅんぞう)らと同人誌『街』、1922年、中山義秀、小島勗(つとむ)らと『塔』を創刊、作家を志す。1923年、菊池寛(きくちかん)創刊の『文芸春秋』に参加、この年『日輪(にちりん)』『蠅(はえ)』などの作品により文壇登竜を果たす。1924年、川端康成(やすなり)、片岡鉄兵(かたおかてっぺい)、今東光(こんとうこう)らと『文芸時代』を創刊、同誌掲載の短編小説『頭ならびに腹』により「新感覚派」と呼称されるようになる。『文芸時代』は、昭和初年代に至る、日本の「表現主義」の牙城(がじょう)として注目された。1925年、評論『感覚活動』を書いて、プロレタリア文学を仮想敵とした、いわゆる「形式主義文学」論の先鞭(せんべん)をつける。このころ、すでにソシュール、シクロフスキーなどの言語論に注目していた。1928年(昭和3)から1931年まで初の長編『上海(シャンハイ)』を書き、西洋の侵略(白禍)を都市上海に局限して、アジアの連帯をにおわせた。その間、1930年には『機械』を書いて、心理のメカニズムを極限まで描こうとする。昭和初年代の文学理論を支配した『文学』『詩と詩論』『作品』などに積極的に参加し、河上徹太郎、小林秀雄らを通じて、ジッド、バレリーの影響を方法化しようとする。評論・随筆集『書方草紙(かきかたぞうし)』(1931)がそれを物語る。1933年『文学界』同人となる。プロレタリア文学壊滅後、『紋章』(1934)、『家族会議』(1935)などを書く。1935年『純粋小説論』に集約される「純文学にして通俗小説」という「純粋小説」理論を打ち出し、長編小説の効用を説く。1936年、二・二六事件の直前、日本をたち欧州に向かう。約半年のヨーロッパ滞在により、いわゆる「西洋と東洋」の本質的な異和の観念を呼び覚まし、『欧洲(おうしゅう)紀行』(1937)をまとめ、未完の大作『旅愁』にとりかかった。昭和10年代から戦後にまで及んで執筆された『旅愁』は、日本の「戦争と平和」の時代を描出しようとする野心に燃えた作品であった。戦中・戦後の心境を伝える『夜の靴』(1947)がある。昭和22年12月30日没。

[栗坪良樹]

『『定本横光利一全集』全16巻(1981~1987・河出書房新社)』『『昭和文学全集5 横光利一他』(1986・小学館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

小説家。福島県出身。早稲田大学中退。川端康成・片岡鉄兵らと「文芸時代」を創刊し、新感覚派運動の中心として活躍。また、新心理主義の作品を試みるなど、意欲的活動を続けた。「日輪」「上海」「機械」「紋章」「旅愁」などの作がある。明治三一~昭和二二年(一八九八‐一九四七

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

1898〜1947
大正・昭和期の小説家
福島県の生まれ。早大中退。菊池寛に師事し,1923年『日輪』で地位確立。翌年川端康成らと『文芸時代』を創刊し,新感覚派の中心として活躍。晩年は東洋的精神主義に傾斜し,「近代超克」を構想した。代表作に『機械』『紋章』『旅愁』など。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の横光利一の言及

【機械】より

横光利一の短編小説。1930年(昭和5),《改造》に発表。…

【純文学】より

…この読者層に呼応するかたちで私(わたくし)小説が書かれ,それが大正,昭和前期の文壇小説の主流をなした。こうしたせまい純文学の流れに拮抗して,横光利一は〈純文学にして通俗小説〉を提唱し,それまでの純文学が排していた偶然性を重視し,物語的伝統と近代小説の知的高度さを併合させようとして〈純粋小説論〉(1935)を展開した。また,昭和初期のプロレタリア文学の台頭は芸術の大衆化の問題を提起するとともに,身辺雑記的な私小説を超える社会意識,階級的自覚を作家に要求するものであったため〈純文学〉の理念はこの面からも時代の波にさらされることになった。…

【新感覚派】より

…文学流派。1924年(大正13)10月に同人雑誌《文芸時代》(1927年5月終刊)が創刊され,そこに結集した横光利一,川端康成,中河与一,今東光,片岡鉄兵らがこの名で呼ばれ,表現技法の革新を行った。命名者は千葉亀雄で《世紀》24年11月号誌上の文芸時評で〈新感覚派の誕生〉をうたったことによりこの名が文壇に定着した。…

【旅愁】より

横光利一の長編小説。1937年から46年にかけて各紙誌に断続して連載され,作者の死によって未完。…

※「横光利一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

横光利一の関連情報