拡張相肥大型心筋症(読み)カクチョウソウヒダイガタシンキンショウ

デジタル大辞泉の解説

かくちょうそうひだいがた‐しんきんしょう〔クワクチヤウサウヒダイがたシンキンシヤウ〕【拡張相肥大型心筋症】

肥大型心筋症から拡張型心筋症に移行する症例。肥大型心筋症で厚くなった心室壁が経過とともに薄くなり、心室が拡張してポンプ機能が低下する。予後は不良で、心臓移植が必要となることがある。DHCM(dilated phase of hypertrophic cardiomyopathy)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる