コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心室 しんしつventricle

翻訳|ventricle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

心室
しんしつ
ventricle

心房とともに心臓を構成する部屋で,右心室左心室とがある。右心室は,三尖弁を介して右心房からの静脈血を受けて肺動脈に送り出し,左心室は,僧帽弁を介して左心房からの動脈血を受けて大動脈に送り出す働きをする。右心室には多数の肉柱と三尖を支える乳頭筋があり,肺動脈に移行する右室流出路には,室上陵と呼ばれる筋肉の隆起がみられる。左心室の肉柱は凹凸が少いが,心室壁の厚さは約2倍で,僧帽弁を支える乳頭筋がある。左右の心室は,大部分が筋性の心室中隔によって境されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

心室【しんしつ】

心臓

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

心室

 心臓の一部.血液を心臓外へ送る機能をもつ.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

しんしつ【心室】

心臓の下半部を占め、血液を送り出す部分。鳥類・哺乳類では隔壁で二室に分かれ、左心室は大動脈に、右心室は肺動脈に血液を送り出す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

心室
しんしつ

筋肉性の壁に囲まれている心臓の内腔(ないくう)は四つの部屋からなっている。そのうち、心臓上部の小さい2室が心房であり、左心房、右心房とよぶ。心臓下部は厚い壁をもち、心臓の大部分を占めている2室が心室であり、左心室、右心室という。両心室を分けている心室中隔という壁は、両心房を分けている心房中隔と連続している。心臓を外部から見ると、上3分の1あたりに心臓を取り囲むように横走する冠状溝があり、この溝の位置が心房と心室の境にあたる。心臓が胸腔内に位置する場合は、右心室は左心室を右方から外套(がいとう)状に囲み、腹側(前方)にくるため、左心室は大部分が背側(後方)に回る。心臓の横断面では右心室は半月形で、左心室はほぼ円形である。壁の厚さを比較すると、左心室の壁は右心室の3倍ほどとなる。右心室の後上方には右心房と交通する右房室口、前上方には肺動脈につながる肺動脈口がある。右房室口には三尖弁(せんべん)がある。左心室は後上方に左心房と交通する左房室口があり、右上隅には大動脈につながる大動脈口がある。左房室口には二尖弁(僧帽弁)がついている。左心室の先端が心尖(しんせん)にあたり、その位置は左側の第5肋間(ろっかん)で正中線から約4横指のところとなる。この位置で体表から心尖拍動を触れることができる。[嶋井和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

心室の関連キーワード両大血管右室起始(症)トーシク=ビング奇形ファロー四徴(症)大動脈弁閉鎖不全症僧帽弁閉鎖不全症ファロー四徴症フォンタン手術心臓再同期療法心室中隔欠損症二段脈の法則肥大型心筋症致死性不整脈右左シャント大血管転位症不確定不整脈大動脈騎乗刺激伝導系冠状動脈心臓拡張大動脈弁

心室の関連情報