コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拡張型心筋症 カクチョウガタシンキンショウ

2件 の用語解説(拡張型心筋症の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かくちょうがた‐しんきんしょう〔クワクチヤウがたシンキンシヤウ〕【拡張型心筋症】

心筋症の一つ。心室の筋肉が薄くなり、心筋の収縮力が極端に低下し、心臓が拡張してしまう。原因は不明。心臓のポンプ機能が低下し、動悸呼吸困難見られる。進行すると浮腫不整脈などが現れ、心不全をもたらす。DCM(dilated cardiomyopathy)。原因が不明の特発性拡張型心筋症厚生労働省特定疾患(難病)に指定されている。→バチスタ手術

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

拡張型心筋症

心臓の収縮が悪くなり心臓が拡張する病気。呼吸困難や動悸(どうき)の症状が続き、心不全が進むと人工心臓の装着や心移植が必要になる。発症の原因や治療法が不明だとして、厚労省が特定疾患に指定している。心臓移植の多くはこの病気の患者が受けている。

(2007-06-16 朝日新聞 夕刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の拡張型心筋症の言及

【心筋症】より

…非閉塞性肥大型心筋症が病状の進展によって拡張型に移行する可能性も推測されている。
[拡張型心筋症]
 心筋の変性,繊維化が起こり,心室筋の収縮不全が生ずるために心臓の拡大が著しく,ポンプ不全が特徴的である。その結果,以前につけられていた診断名鬱血型のとおり肺に鬱血症状を呈する心不全状態を将来することが多い。…

※「拡張型心筋症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

拡張型心筋症の関連キーワード心筋心筋炎心筋症心室細動特発性心筋症不随意筋バチスタ手術アルコール性心筋症心筋症疑い

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

拡張型心筋症の関連情報