持回(読み)もちまわり

精選版 日本国語大辞典の解説

もち‐まわり ‥まはり【持回】

〘名〙 一つの物や事柄が、受け取っては手渡しされて順次にめぐること。また、それぞれの間を持って回ること。
※御堂関白記‐長和四年(1015)五月一三日「卅講五巻五也、依東宮御無持廻事、只置小廊」

もって‐まわ・る ‥まはる【持回】

〘他ラ五(四)〙
① 持ってあちらこちらへ行く。持ちまわる。
※俳諧・末若葉(1697)下「垣代(かいしろ)や持て廻れるけふの菊〈紫紅〉」
② へんに遠まわしな言い方ややり方をする。
※評判記・色道大鏡(1678)九「ことはりはきこへながらもってまはりたる文章」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android