コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御堂関白記 みどうかんぱくき

6件 の用語解説(御堂関白記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御堂関白記
みどうかんぱくき

左大臣藤原道長の日記。初めは『入道殿御暦』『御堂御日記』『法成寺入道左大臣記』などと呼ばれたが,江戸時代近衛家煕が筆写した際に『御堂関白記』の題名をつけたため,その後流布し,一般的な日記名となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みどうかんぱくき〔みダウクワンパクキ〕【御堂関白記】

藤原道長の日記。原巻36巻。14巻の自筆本が現存。長徳4年(998)から治安元年(1021)までの公私の出来事具注暦(ぐちゅうれき)に記したもの。当時の基本史料。平成25年(2013)、世界記憶遺産に登録。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

御堂関白記【みどうかんぱくき】

藤原道長の日記。998年から1021年に至る日記。具注暦に記入された道長の自筆本14巻,平安時代の古写本12巻が陽明文庫に伝存。藤原氏全盛期の好史料。2013年世界記憶遺産に登録。
→関連項目神崎荘陽明文庫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

みどうかんぱくき【御堂関白記】

摂政太政大臣藤原道長の日記。《入道殿御暦》《法成寺入道左大臣記》など多くの名称があるが,江戸時代に近衛家熙の新写本に用いられた《御堂関白記》の称が最も広く流布した。ただし道長は関白にはならなかったので,必ずしも正確な書名とはいいがたい。998年(長徳4)より1021年(治安1)の間の記事を伝えるが,中間を一部欠く。記載内容は比較的簡単であるが,特異な文体を用いて自由奔放に書きつけたという感が強く,誤字,当て字なども多いため,きわめて難解である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

みどうかんぱくき【御堂関白記】

藤原道長の日記。もと三六巻。写本のほかに一四巻の自筆本が現存する。998~1021年に至る公私の生活を具注暦ぐちゆうれきに記入したもの。当時の根本史料の一つ。法成寺入道左大臣記。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御堂関白記
みどうかんぱくき

藤原道長の日記。『法成寺摂政記(ほうじょうじせっしょうき)』『御堂日記』『入道殿御日記』などともいう。道長が晩年、法成寺を建立し、御堂殿、御堂関白殿とよばれたことによる呼称である。しかし道長は、内覧、摂政(せっしょう)、太政(だいじょう)大臣にはなったが関白にはなっていないので、『御堂関白記』の名称は、正確にいえば誤りであるが、江戸時代の諸本に用いて以来通称となっている。平安末期には36巻が存したというが、現存の道長自筆本は、14巻(1年2巻)である。日記は具注暦(ぐちゅうれき)に書かれ、おおらかな彼の性格が筆跡に明瞭(めいりょう)に表れており、当て字、脱字、誤字をはじめ、重ねて字を書くところ、塗抹(とまつ)、傍書、省略、転倒なども多い。
 998年(長徳4)から1021年(寛仁5)までの日記であるが、1019年出家後は記事もきわめて少ない。そのほか、本書を抄出した『御堂御記抄』と称する7種の断簡があり、そのなかに、『長徳(ちょうとく)元年記』の抄出も存することから、日記は現存より3年前の995年、道長の30歳より始まっていることが明らかであり、56歳で出家するまでの政治家としての生活を主に記した日記である(出家の当年、翌年、翌々年は、多少の記述がある)。一条(いちじょう)、三条(さんじょう)、後一条(ごいちじょう)の3天皇の時代にわたり、左大臣、内覧としての生活状態を事細かに書いており、1016年(長和5)外孫の後一条天皇が9歳で即位し、摂政となったときの儀式の次第、1018年、三女威子(いし)立后(後一条中宮)の儀の記述などはとくに詳しく、後者の儀に「余読和歌」とあるのが、「この世をばわが世とぞおもふ望月(もちづき)の……」の歌にあたる(その和歌は『御堂関白記』には書かれず『小右記(しょうゆうき)』にみえる)。また長女彰子(しょうし)(一条中宮)、次女妍子(けんし)(三条中宮)の立后の儀式、彰子所生の敦成(あつひら)親王(後一条天皇)の誕生の記述も詳細である。なお、道長を代表とする摂関政治は政所(まんどころ)政治ではないということが、『御堂関白記』を通読することからも明らかになる。
 現存の自筆本14巻は、京都陽明文庫に存し、同じく古写本12巻(1年1巻。記事の少ない2巻は数年分を1巻とする)も同蔵、ともに国宝に指定されている。古写本の筆者は道長の長男頼通(よりみち)とされていたが、根拠は少なく、頼通の子師実(もろざね)か師実の猶子(ゆうし)忠実(ただざね)かであろうといわれている。江戸時代の諸本も多い(陽明文庫、宮内庁書陵部、京都大学蔵など)。『大日本古記録』『日本古典全集』(活字本)、『陽明叢書(そうしょ)』(影印本)に収録。2013年(平成25)、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界記憶遺産(現、世界の記憶)に登録された。[山中 裕]
『阿部秋生「藤原道長の日記について」(『日本学士院紀要』所収・1950・日本学士院) ▽山中裕著『「御堂関白記」の藤原道長』(『平安人物志』所収・1975・東京大学出版会) ▽山中裕編『御堂関白記全註釈(寛仁元年)』(1985・国書刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の御堂関白記の言及

【陽明文庫】より

…1000年の間には応仁の乱をはじめ多くの危機に見舞われたが,おもなものは連綿と受け継がれ,明治期に入ってから一時京都帝大へ寄託された後,1938年に当時の首相の近衛文麿により現在地に財団法人として設立された。収蔵品には藤原道長の自筆日記《御堂関白記》全14巻をはじめ,国宝8点,重要文化財49点を含み,文書数十万点,和漢の典籍数万冊を蔵する。【竹上 深】。…

※「御堂関白記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

御堂関白記の関連キーワード九条院持明院太政入道一条摂政御集三条公房藤原実行藤原儼子藤原為光小一条太政大臣《入道殿御暦》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

御堂関白記の関連情報