持太刀(読み)もちだち

精選版 日本国語大辞典の解説

もち‐だち【持太刀】

〘名〙
① 自分の差料(さしりょう)とする太刀。自分の差料として従者などに持たせる太刀。もち。
※三内口決(1579頃)「一、常々可太刀哉否事〈略〉当時之持太刀〈略〉乗輿之時は、持太刀。入輿之内若長者騎馬之人帯之」
② 進物とする時の無銘の太刀。
※看聞御記‐永享七年(1435)二月一三日「持経初見参。為祝着太刀。〈革袋。持太刀也〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android