進物(読み)しんもつ

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐もつ【進物】

〘名〙 進上する物品。おくりもの。おつかいもの。
※続日本紀‐宝亀四年(773)六月丙辰「所附進物及表書、並在船内
※浮世草子・好色一代男(1682)八「方々よりの進物(シンモツ)廊下に置つづけて」 〔文中子‐魏相〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の進物の言及

【贈物】より

…他人に無償で贈り与える金銭,物品のことを総称するが,日本では中世までは下位の者に対して下賜されるもののみを贈物と称し,上位の者へ進上されるものは進物といって区別した。近世以降この区別はあいまいになったが,今日でも進物には上位の者への献上品といった感覚が残っている。…

【目録】より

…1冊の本の目次も,出版・蔵書・出品の目録も,商品のカタログも目録である。また進物の品名を記したもの,転じて実物の代りに仮にその品名だけを記して贈るもの,進物として包んで贈る金円も目録という。礼法では進物の目録を意味することが多い。…

※「進物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android