持持(読み)もちもち

精選版 日本国語大辞典の解説

もち‐もち【持持】

〘名〙
各自が持っていること。また、そのもの。各自の受持。各自の持物
※高野山文書‐永享四年(1432)五月二八日・高野山三所十聴衆集会評定事書「付隅田夏麦訴訟事、若高野領家分内者、不左右、持々分可直納事」
マージャンで、同じ牌を二牌ずつ持ちあって刻子ができない状態をいう。

もて‐もて【持持】

〘名〙 (形動) もてにもてること。非常に人気があるさま。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android