コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

挙税 キョゼイ

大辞林 第三版の解説

きょぜい【挙税】

こぜい【挙税】

奈良・平安時代、稲穀・銭貨を貸し出した場合にとる利息。出挙稲すいことう。きょぜい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

挙税の関連キーワード平安時代