コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

振り子安定 ふりこあんてい

1件 の用語解説(振り子安定の意味・用語解説を検索)

パラグライダー用語辞典の解説

振り子安定

パラグライダーは重心が翼より下にあるため、大気の中で揺らされても、振り子の様にだんだんその揺れを小さくしていき、安定した状態に戻ろうとする。これを振り子安定と呼ぶ。「やじろべー」を想像すると良いかもしれない。主翼のみで尾翼効果が得られるリフレックスや直進性をもたせたスタビライザー・後退翼も安定飛行のためには効果はあるが、基本的にはパラグライダーは「振り子安定で飛んでいる」と言ってよい。ただ、弱い揺れならば振り子安定で通常飛行に戻るが、大きな揺れだとその振り子運動により、キャノピーが自分より先行し、仰角が小さく(あるいはマイナス)になり、潰れたり失速したりする場合がある。そうならないよう適切なブレーク操作をしなければならない。

出典|
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

振り子安定の関連キーワードJリーグパラグライダー潰れパラグラフスキーパラグライダーモーターパラグライダーアウターケースセールプレーンパラグライダーの構造と名称山飛び

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone