コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

振り子安定 ふりこあんてい

パラグライダー用語辞典の解説

振り子安定

パラグライダーは重心が翼より下にあるため、大気の中で揺らされても、振り子の様にだんだんその揺れを小さくしていき、安定した状態に戻ろうとする。これを振り子安定と呼ぶ。「やじろべー」を想像すると良いかもしれない。主翼のみで尾翼効果が得られるリフレックスや直進性をもたせたスタビライザー・後退翼も安定飛行のためには効果はあるが、基本的にはパラグライダーは「振り子安定で飛んでいる」と言ってよい。ただ、弱い揺れならば振り子安定で通常飛行に戻るが、大きな揺れだとその振り子運動により、キャノピーが自分より先行し、仰角が小さく(あるいはマイナス)になり、潰れたり失速したりする場合がある。そうならないよう適切なブレーク操作をしなければならない。

出典|パラグライダー用語辞典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android