振り子運動(読み)ふりこうんどう

パラグライダー用語辞典の解説

振り子運動

パラグライダーは尾翼を持っていない為、常に体気の影響を受け、迎い角が変動する。迎い角が小さくなる(が先行する)と今度は逆に翼が後ろに行くような感じで迎い角が大きくなる、その動きが振り子運動である。ひどい場合には、翼が失速したり潰れを起こす場合がある。パイロットは振り子運動を認識する事によりその状況を予知する事ができ、ブレークコードを操作して、その状況を回避したり、被害を最小限にする。以上、キャノピーピッチ(前後)についてのべたが、ロール左右)に関しても全く同じであり、飛行には常に振り子運動が伴っている。

出典 パラグライダー用語辞典について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

振り子運動の関連情報