コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

振り振り ブリブリ

2件 の用語解説(振り振りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぶり‐ぶり【振り振り】

[名]
江戸時代の子供の玩具の一。八角形の槌(つち)に似た形で、鶴と亀、尉(じょう)と姥(うば)などを描く。小さな車をつけて引きずって遊ぶとも、木製の玉を打つともいう。また、正月、魔よけとして室内に飾ったりした。ぶりぶりぎっちょ。ぶりぶりぎちょう。
的(まと)の一種。直径3~4寸(約9~12センチ)で、左右に乳(ち)があり、そこに綱を通して掛けて使う。
太刀の柄の下げ緒のおもりの金物。
[副]ぶるぶると震えるさま。
「あら怖や、と…―ふるひ出でたるを」〈浄・振袖始〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぶりぶり【振り振り】

[0] ( 名 )
近世の玩具の一。木製の、槌つちの形をしたもの。毬まりを打つとも、両側に車をつけて引いて遊んだともいう。のちには正月の飾り物となった。玉ぶりぶり。 「正月遊びの-の玉を投げて/浮世草子・風流曲三味線」
直径約10センチメートルの円形の的。二筋の綱で串くしにつける。
太刀の柄の下げ緒のおもりの金物。
[1] ( 副 ) スル
小刻みに揺れるさま。また、震動する音を表す語。 「先陣越された宇治川に膝-の流れ武者/浄瑠璃・鑓の権三

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

振り振りの関連キーワード清水晴風剣玉一子浮世袋玩具絵樟脳玉与次郎人形知育玩具壺壺ドビュッシー:子供の領分/piano solo

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

振り振りの関連情報