金物(読み)かなもの

精選版 日本国語大辞典「金物」の解説

かな‐もの【金物】

〘名〙
① 金属製器具の総称。金具。
※玉塵抄(1563)一六「刀をみしった者がかなものにめききぞ」
② 器物にとりつける金属製の器具。金具。
※殿暦‐康和三年(1101)三月二八日「新御願御塔二基金物被諸国目録持来、東御塔、東面金物 備後」
※太平記(14C後)三「荒尾彌五郎が甲の真向、金物(カナもの)の上二寸計射砕いて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「金物」の解説

かな‐もの【金物】

金属製の器具。鍋・釜・包丁・さじ・鎖など。
器物に付ける金具(かなぐ)。
「そり橋の銀宝珠(ぎぼうし)も―ぎらめき」〈仮・浮世物語・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android