金物(読み)かなもの

精選版 日本国語大辞典「金物」の解説

かな‐もの【金物】

〘名〙
① 金属製器具の総称金具
※玉塵抄(1563)一六「刀をみしった者がかなものにめききぞ」
器物にとりつける金属製の器具。金具。
※殿暦‐康和三年(1101)三月二八日「新御願御塔二基金物被諸国目録持来、東御塔、東面金物 備後
太平記(14C後)三「荒尾彌五郎がの真向、金物(カナもの)の上二寸計射砕いて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「金物」の解説

かな‐もの【金物】

金属製の器具。鍋・包丁・さじ・鎖など。
器物に付ける金具かなぐ
「そり橋の銀宝珠ぎぼうしも―ぎらめき」〈浮世物語・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android