コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツイ

デジタル大辞泉の解説

つい【槌】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ツイ(漢) [訓]つち
〈ツイ〉物をたたく工具。つち。「鉄槌
〈つち(づち)〉「槌音相槌(あいづち)金槌(かなづち)木槌才槌

つち【×槌/×鎚/椎】

物をたたく工具。頭部はふつう円柱形で、柄が付いている。木づち金づちなどがある。
紋所の名。1をかたどったもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

つち【槌】

ものを打ちたたく工具の総称(図)。頭は木製か鉄製で円筒形をなし,T字形に木柄がつくが,柄が縦方向につく砧槌(きぬたづち)や両頭の杵槌(きねづち)などもある。《和名抄》に椓撃(たくげき)(掛矢(かけや)),柊揆(さいづち)(才槌),槌(かなづち)(鉄槌)などがあり,10世紀以前に現在の槌の大部分が出そろっていたと推測される。木製頭では,破壊用の武器にも土木や建築工事にも用いる大型の掛矢,その小型の才槌などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【武器】より

…石弾もありあわせのものを利用するのでなく,あらかじめ準備調製されたものを用いた。
[ゲルマン系の武器――槌と斧]
 ゲルマン系の武器は,ローマの軍団と異なり,規格化されていない。刀槍を用いたのはむろんだが,槌や斧が比較的大きな比重を占めた。…

※「槌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

槌の関連キーワードドロップハンマースチームハンマー石叩き・石敲き打ちてし止まん土割り・土割打ち紙・打紙蒸気ハンマーハンマー指建御名方神打出の小槌マレット須佐神社大地に槌ルプッセ伸し烏賊しってい藁打ち鏡抜き打診器叩き石

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

槌の関連情報