コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

挽き型 ヒキガタ

大辞林 第三版の解説

ひきがた【挽き型】

円筒型の大形の鋳物用の鋳型を作る時に用いる木型。断面の半分のものを軸木に取り付けたもので、これを回転させて鋳型を作る。ローム型。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

挽き型の関連キーワード鋳造軸木木型