コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

挽き型 ヒキガタ

2件 の用語解説(挽き型の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひき‐がた【×挽き型】

鋳造で、円筒などの砂型を作るときに使用する木製の型。板状の鋳物の断面の半分の形をし、回転させて立体的な鋳型を作る。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひきがた【挽き型】

円筒型の大形の鋳物用の鋳型を作る時に用いる木型。断面の半分のものを軸木に取り付けたもので、これを回転させて鋳型を作る。ローム型。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

挽き型の関連キーワード使用イメージ鋳型砂型鮨桶寸胴チル鋳物割箸膨化剤割り箸精密鋳造

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone