コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

捍撥画 かんばちが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

捍撥画
かんばちが

琵琶,阮咸 (げんかん) など東洋古代の弦楽器の捍撥,すなわち撥の当る面を保護するために張られた皮に描かれた絵。捍撥の部分には美しい細密画を描く習慣があり後世まで続いた。代表的な遺品として正倉院の琵琶4面と阮咸2面の捍撥画があり,皮の上を顔料で下塗りして彩画し,さらに全体に油を塗って表面を保護している。なかでも『騎象奏楽図』 (琵琶) はとりわけ精巧で,中国,唐代のすぐれた山水,人物表現を伝えるのに対し,『狩猟宴楽図』 (琵琶) ,『樹下囲碁図』 (阮咸) などは,古様な表現技法のうえに新様を取入れた日本の作品とみられる。ともに8世紀絵画様式の展開を示す貴重な資料。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

捍撥画の関連キーワード山水画

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android