コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

捍撥画 かんばちが

1件 の用語解説(捍撥画の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

捍撥画
かんばちが

琵琶,阮咸 (げんかん) など東洋古代の弦楽器の捍撥,すなわち撥の当る面を保護するために張られた皮に描かれた絵。捍撥の部分には美しい細密画を描く習慣があり後世まで続いた。代表的な遺品として正倉院の琵琶4面と阮咸2面の捍撥画があり,皮の上を顔料で下塗りして彩画し,さらに全体に油を塗って表面を保護している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

捍撥画の関連キーワード阮咸琵琶内玄関かんかん帽かんかん虫軍監現官厳寒琵琶歌李元環

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone