コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阮咸 げんかんruan-xian

6件 の用語解説(阮咸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阮咸
げんかん
ruan-xian

中国,日本の弦楽器リュート属の一種。秦の弦とう (げんとう) に起源があり,秦琵琶あるいは秦漢子と呼ばれ,名称は西晋 (3世紀) の「竹林の七賢」の一人阮咸がこれをよく弾いたことに由来。正倉院宝物中の阮咸によると,円形胴の直径約 40cm,厚さ 3.6cm,棹の長さ約 60cmで,胴の腹板は沢栗,槽と棹は紫檀または桑木を材料とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

げん‐かん【××咸】

中国、魏晋時代の文人。陳留(河南省)の人。字(あざな)は仲容。阮籍の兄の子に当たる。音楽に通じ琵琶をよくした。竹林の七賢の一人。生没年未詳。
が愛用したところから》中国の弦楽器の一。円形または八角形の胴に長い棹(さお)をつけ、4弦または5弦を張り、棹上に十数個の柱(じゅう)を立てたもの。日本でも明清楽(みんしんがく)に用いる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

阮咸【げんかん】

中国のリュート撥弦楽器。中国語ではルアン・シエン。〈竹林の七賢〉の一人,阮咸にちなんだ呼称。古くは秦琵琶(チンピーパー)と呼ばれた。4弦で2弦ずつ同音に調律。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

げんかん【阮咸 ruǎn xián】

東アジアのリュート属の撥弦楽器。現在中国では阮と呼ばれる。唐代に,晋の琵琶の名手で〈竹林の七賢〉(七賢人)の一人阮咸の名にちなんで呼称された。正倉院には4弦14フレットのものが保存されている。円形の胴に長い棹をもつ。伝統的な調弦は2弦ずつを同音に5度に調弦する複弦制を用いるが,現在では4弦の各弦の音程関係を5度または4度に調弦して用いる(たとえばソ・レ・ラ・ミ,ド・ソ・レ・ラ)。形の大きさや音域の広さにより,大阮,中阮,小阮,低阮の各種があり,演奏の際には桴(ばち)か指甲で弾奏する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

げんかん【阮咸】

○ 西晋の思想家。竹林の七賢の一人。阮籍はその叔父。諸官を歴任した。琵琶びわの達人。生没年未詳。
〔阮咸が愛用したところからという〕 中国の撥弦はつげん楽器。胴は円形・長円形・方形・八角形など、長い棹さおをもち、一二柱から一五柱。正倉院の蔵品は円形胴で直径40センチメートル、棹長60センチメートル、四弦一四柱。明清代には短棹のものを月琴と称した。秦琵琶。秦漢子。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阮咸
げんかん

中国、唐代の撥弦(はつげん)楽器。それ以前は秦琵琶(しんびわ)と称され、構造からはリュート属琵琶系。阮咸の名は、これを愛奏したといわれる晋(しん)代の文人で「竹林(ちくりん)の七賢」の一人の名をとったもの。わが国の正倉院に二面保存されているが、それらの全長は約1メートル、棹(さお)は長く約60センチメートル、円形胴の直径約40センチメートルで4弦、棹から胴面上部にかけて14の柱(じゅう)(フレット)がつけられている。
 この唐代の阮咸は、宋(そう)代から明(みん)代にかけて、短棹円形胴の月琴(げっきん)を生み、明代に胴がやや小形の八角形になり、長棹八角胴の阮咸となった。日本の清楽(しんがく)でもこの長棹八角胴の阮咸(4弦12柱)が用いられている。なお、日本の明楽では、長棹八角胴の楽器を月琴とよんでいる。[シルヴァン・ギニアール]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

阮咸の関連情報