コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掃気効率 そうきこうりつscavenging efficiency

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

掃気効率
そうきこうりつ
scavenging efficiency

内燃機関における掃気後のシリンダ内全ガス量に対する,全給気のうちの掃気完了後のシリンダ内にとどまっている新気の割合,すなわち掃気完了後のシリンダ内給気濃度をいう。したがって掃気の良否を表わし,機関出力に比例するものである。これに対して,全給気のうちシリンダ内にとどまっている新気の割合,すなわち給気の利用率を示すものを給気効率という。 (→掃気ポンプ )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android