授物(読み)さずかりもの

  • さずかりもの さづかり‥
  • さずけもの さづけ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 神仏などからのたまわりもの。天からのもらいもの。特に子どもをいう。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「どうぞ孫がほしいけれど、〈略〉あれも授(サヅカ)り者(モン)だから」
〘名〙 神仏が与えてくれるもの。さずかりもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android