掌状脈(読み)ショウジョウミャク

大辞林 第三版の解説

しょうじょうみゃく【掌状脈】

葉脈の一型。葉身の基部から数本の葉脈の太い支脈が掌状に出ているもの。ヤツデ・カエデなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょうじょう‐みゃく シャウジャウ‥【掌状脈】

〘名〙 の基部から掌状に走る数本の太い葉脈。カエデ、ヤツデ、シュロなどにみられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android