コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掛(け)札/懸(け)札 カケフダ

デジタル大辞泉の解説

かけ‐ふだ【掛(け)札/懸(け)札】

目につきやすい所に掛けておく札。門札や看板など。
江戸時代、幕府や領主からの通知事項を記して掲げた札。特に、年貢に関する事項を書いて、名主庄屋の門や戸口などに掲示した札。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

掛(け)札/懸(け)札の関連キーワード欠米(かんまい)警視庁殺人課江戸時代暴力街幕府領主年貢門札

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android