掛(け)物掛(け)(読み)カケモノカケ

デジタル大辞泉の解説

かけもの‐かけ【掛(け)物掛(け)】

掛け軸の掛け外しに使う、先に角・金属製の叉(また)のついた細い竹ざお。掛け字掛け。画叉(がさ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かけもの‐かけ【掛物掛】

〘名〙 末端にまたをつけて、掛物をかけるのに用いるさお。多くは細竹製。画叉(がさ)。掛字掛け。掛物竿。
※随筆・雅遊漫録(1755)三「画叉(カケモノカケ)。或は叉竿、軸杈とも、掛軸とも書なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android